【動画】「しし鍋」を使った炊き出し訓練=笠原雅俊撮影
[PR]

 南海トラフ地震を想定した小中学生の防災訓練が27日、高知県四万十市国見の東中筋小学校であった。亥(い)年らしく、イノシシの肉が入った「しし鍋」を使った炊き出し訓練に子どもたちの目が輝いた。

 訓練には、東中筋小学校と同中学校の約100人の生徒が参加した。「子どもたちの生命を守り、未来へつなごう」と東中筋地区自主防災連絡協議会が7年前から続けている。

 しし鍋には、地元猟師が捕獲した体重約70キロの大きなイノシシの肉約15キロが使われた。鍋の料理は同市中村天神橋で居酒屋「なかひら」を営む中平富士夫さん(65)が腕を振るった。

 白い湯気が立つ直径約1メート…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら