[PR]

(27日、大阪国際女子マラソン)

 女子の選手層の薄さが露呈した大会だった。日本陸連の強化担当者も4、5人のMGC進出者の誕生を想定していたが、結果的には中野だけ。男子が盛況でこのところ笑顔続きだった瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも「うーん、今日はテンション低いですね。言葉が浮かんでこない」と渋かった。

 2位の小原はすでにMGCへの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも