[PR]

 大相撲初場所(東京・国技館)千秋楽の27日、日本相撲協会の審判部は、東関脇貴景勝(22)=本名・佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=の場所後の大関昇進を見送った。阿武松部長(元関脇益荒雄)が明らかにした。

 先場所で初優勝した貴景勝は、今場所も14日目に11勝目を挙げ、昇進の目安とされる「直近3場所を三役で33勝」に到達。首位と1差の優勝争いを演じたが、千秋楽で大関豪栄道に敗れて4敗目を喫した。先場所に上位陣との対戦が少なかったことや、時折見せる引き技が評価を下げたとみられる。

 「目安」は明確に定められたものではなく、起点となる場所が平幕だった力士もいれば、「30勝未満」で昇進した例もある。その都度、相撲内容などから判断されてきた。

こんなニュースも