青森)田舎館村の子どもたちが「ドット絵彫刻」に挑戦

有料会員記事

佐藤孝之
[PR]

 青森県田舎館村の中央公民館で「ドット絵彫刻を作ろう」と題したワークショップが26日にあり、子どもたちが点描画の下絵をもとにカラフルな積み木を重ねて作るドット絵彫刻に挑戦した。

 村のクリエーター育成事業の一環で田舎館小の4、5年生6人と田舎館中の1年生7人の計13人が参加。愛知県在住の現代アーティスト鈴木一太郎さん(30)が講師を務めた。

 子どもたちは方眼紙を使い丸や斜めの線、モノのシルエットや輪郭をドットで表す方法を練習。その上で描いた動植物や人の顔などの下絵をもとに赤や青など8色の積み木(2センチ角、長さ8センチ)を重ね、デジタルの世界から飛び出してきたような作品を完成させた。

 ウサギの作品を作った須藤咲…

この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら