[PR]

 大阪国際女子マラソンは27日、東京五輪の代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権をかけて大阪・ヤンマースタジアム長居を発着点とする42・195キロで争われ、リオデジャネイロ五輪以来のフルマラソンとなった福士加代子(ワコール)が35キロ過ぎでリタイアした。12キロ過ぎで転倒するアクシデントがあった。

こんなニュースも