[PR]

 競泳のリオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(ANA)が27日、静岡県浜松市であった大会に出場し、同種目で自身のリオ五輪の記録を0秒46上回る4分9秒25の好記録で優勝した。調整期間中ながらライバルで同金メダリストの萩野公介(ブリヂストン)に6秒54差をつけ、「地力がついてきた」と手応えを口にした。

 前日の夜は宿舎で全豪オープンをテレビ観戦。大坂なおみ(日清食品)の活躍に「すごいパワーもらいましたし、世界ランクも1位。自分も感化された」。1泳法目のバタフライを54秒41のハイペースで突っ込み、苦手な2泳法目の背泳ぎでも隣を泳ぐ萩野との差を広げた。

 大坂などほかのアスリートの活躍は「めちゃくちゃ刺激になる」と瀬戸。今夏の世界選手権で金メダルをとれば東京五輪代表に内定する。冬場の泳ぎ込みが続くなか、「自分もスイッチをオンにして、エンジンをあげてやっていきたい」と気合を入れていた。