[PR]

 ブラジル南東部のブルマジーニョで起きた鉱業用ダムの決壊事故で、ブラジル政府は、ダムを所有するヴァーレ社の資産計60億レアル(1レアル=約30円)を差し押さえ、2億5千万レアルの罰金を科した。環境汚染への対策や救助活動などに使うとし、ダムの建設や管理に関する法律の厳格化も検討している。これまでの死者は34人に増え、行方不明者も約300人に上っている。

 ボルソナーロ大統領は26日、事故現場を上空から視察。ツイッターに「犠牲者に寄り添うため、できることはすべてやる」と投稿し、被災者支援に力を入れることなどを表明した。

 ヴァーレ社は27日、別のダムが決壊する恐れがあると明らかにし、流域の住民に対し、高台に避難するよう求めた。

 ヴァーレ社をめぐっては、今回の現場から約100キロ離れたマリアナで関連会社が所有するダムも2015年に決壊。重金属などを含んだ土砂5千万立方メートルを流出させ、19人を死亡させたほか、環境汚染を引き起こしていた。

■ダムに残った土砂、二次災害の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら