[PR]

 シリアの危機が始まって間もなく8年。国民の半数が国内外で避難生活を送る。支援のニーズは増え続けるが、終わりの見えない内戦に国際社会の「援助疲れ」もささやかれる。人道支援の最前線を訪ねた。(アレッポ=其山史晃、ザアタリ=渡辺丘)

 記者は昨年末、シリア北部で人道支援にあたる国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)アレッポ事務所の活動に同行。過激派組織「イスラム国」(IS)の支配で荒廃した農村地帯での取り組みを見た。

 アレッポの約80キロ東にあるハフサは、2015年にISが侵攻、多くの住民が避難した。17年春にアサド政権軍が奪還し、2万人以上が戻ったが、今も壊れた建物が目立つ。

 パン工場前に、焼きたてを待つ長蛇の列があった。機械がISに奪われたが、UNHCRなどの支援で18年初めに再開した。工場作業員のカバス・ハラフさん(47)は「ハフサと周りの69の村にパンが行き渡る。帰還民が増えてもまかなえる」と話した。

 工場前の通りには太陽光発電の街灯が設置された。電気が通っていない村の住民は、治安の不安から日没後は外出できなかった。近くの中学校は損傷が軽かった校舎の一つが復旧した。

 ハフサの西約30キロのデルハ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら