恵方巻き販売、ローソン9連覇の店は鳥取 廃棄抑える道

有料会員記事食品ロス減らそう

横山翼
[PR]

 人口約55万人と都道府県で最少人数の鳥取県に、コンビニ大手・ローソンの全店舗の中で「恵方巻きを日本一多く売るオーナー」がいるという。過大なノルマ? 自ら買い取る「自爆営業」? 節分を前にその謎を解こうと、店を訪ねた。

 「日本一の恵方巻 予約承り中」「今年も日本一の福をお届けいたします」。米子市夜見(よみ)町にある「ローソン米子弓ケ浜店」には、こんな貼り紙や看板がいっぱいだ。

 ローソンによると、昨年の販売本数は3211本で全国約1万3千店舗中トップ。2010年以降、9連覇中という。過去最高は15年の4210本で、立地する夜見町の人口4745人(15年2月1日当時)に迫るほど。しかし、なぜこれほどまでに……。

 直接聞くしかないと、オーナ…

この記事は有料会員記事です。残り1379文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
もったいない!食品ロス 国民全員が毎日茶わん1杯分も

もったいない!食品ロス 国民全員が毎日茶わん1杯分も

まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」。私たちにできることは。[記事一覧へ]