拡大する写真・図版テヘラン市内の公園でデートするカップル=杉崎慎弥撮影

[PR]

 週末の昼下がり。テヘランの公園で若い男女がデートを楽しんでいる。寄り添って手をつなぐマリアムさん(27)とアリさん(28)は「周りは気にしない」。抱き合ったり、夜間にキスをしたりする男女もいる。

 イランはイスラム教シーア派を国教とし、その厳格な解釈による生活を国民に求める。未婚の男女が公共の場で接触するのは好ましくないとされ、女性は法律で髪を覆うヘジャブの着用が義務づけられる。

 だが今はテヘランのカフェなどでヘジャブを脱ぐ女性は珍しくない。保守的な地方でも全身を覆う黒いチャドルを着ず「ジーンズ姿でヘジャブを軽くまとう女性もいる」(シーア派の聖地コムの宗教学校関係者)。

拡大する写真・図版テヘラン市内の公園で仲良く自撮りをするカップル=杉崎慎弥撮影

 人口約8千万の6割超がイスラム革命後の生まれだ。テヘランの弁護士らが設けたネット相談窓口には「異性と手をつないで外を歩くのがなぜだめなのか」などの質問が相次ぐ。

 保守強硬派アフマディネジャド政権(2005~13年)では、風紀警察や民兵組織「バシジ」が国民を監視。デートする未婚の男女や、露出の多い服装の人を逮捕することもあった。

 潮目が変わったのは13年。ロ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら