仏大統領、日産牽制「ルノーと提携バランス変わらない」

有料記事ゴーン前会長

パリ=疋田多揚
[PR]

 仏ルノーと日産自動車の提携関係をめぐって、フランスのマクロン大統領は27日、訪問先のカイロで「両社のアライアンス(提携)のバランスが変わらないよう注意を払っている」と記者団に語った。AFP通信が伝えた。

 ルノーが日産に43%出資する一方、日産のルノーへの出資は15%にとどまり議決権もない関係をめぐっては、業績で上回る日産が見直したい考えだ。

 だが、マクロン氏は「今起きていることが、提携のバランスをひっくり返す性質のものとは全く思わない」と話した。会社法違反(特別背任)などの罪で起訴されたカルロス・ゴーン被告(64)が両社の会長を退いても関係見直しの理由にはならない、との見解を示し、日産側を牽制(けんせい)した。

 マクロン氏は、ゴーン被告の…

この記事は有料記事です。残り117文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。