[PR]

 厚生労働省の「毎月勤労統計」をめぐる不正調査問題について、自民党の森山裕国会対策委員長は28日、「今回はさほど大きな問題はないように思う」と述べた自身の発言について「舌足らずのところがあった。誤解を与えるような発言であったとすれば大変申し訳なかった」と陳謝した。立憲民主党の辻元清美国対委員長との会談後、国会内で記者団に述べた。

 森山氏は26日に鹿児島県鹿屋市で行った講演で「金額の大小に関係なく、国が給付すべきものを間違っていた。二度とこういうことがあってはデータの信頼性を失ってしまう」と語ったくだりで、「今回はさほど大きな問題はない」と話した。

 野党側は「自民党にはチェックする機能も意欲もない」(立憲民主党・福山哲郎幹事長)などと反発していた。