[PR]

 岐阜大学生命の鎖統合研究センターの石田秀治センター長(生理活性物質学)らの研究グループが、ギラン・バレー症候群の先行感染菌の一つ「カンピロバクター・ジェジュニ」の糖鎖の化学合成に世界で初めて成功した。まとまった量の確保が難しかった糖鎖の合成成功で、発症のメカニズムや治療法の解明が進むことが期待される。

 論文は欧州の化学論文誌「ケミストリー・ヨーロピアン・ジャーナル」に掲載された。

 ギラン・バレー症候群は10万人に1~2人の割合で発症する自己免疫疾患。患者は運動神経に障害が起こり、重症の場合は全身まひや呼吸不全が起こるケースもある。俳優大原麗子さんや「花のサンフランシスコ」を歌った米のシンガーソングライタースコット・マッケンジーさんもギラン・バレー症候群で闘病していたことで知られる。

 ギラン・バレー症候群の発症メ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら