[PR]

 日本生命保険に勤める40代の男性は3年前の冬、血液がんが再発。入院や、免疫低下に伴う感染を防ぐための自宅療養をして計7カ月ほど、仕事を休んだ。

 副作用の強い治療を受ける中、「生きがいだった仕事に早く戻りたいという思いが生きる希望になった」という。復帰直後は、主治医と産業医から「残業は控えるように」と言われ、1カ月間慣らし勤務をした。

 退院から半年間は月に1度、その後は2~4カ月おきに通院する。午前9時から正午まで3時間勤務し、午後に半日休暇を取る。

 男性は「細かい規定がないから使いやすい。制度があるから、安心して治療に向き合えた」と振り返る。

 同社は半日休暇の他に、時間単位の年次有給休暇制度も導入する。治療以外でも使え、理由などの申請は必要ない。母親の抗がん剤治療に付き添うため、出社後に昼の2時間を有休として病院へ行き、終わり次第仕事に戻る社員もいる。

 人事企画部の担当者は「様々なケースに対応できるよう柔軟な制度にしている」と話す。

 野村証券は、昨年10月から時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら