[PR]

 東京電力福島第一原発2号機の原子炉圧力容器の直下に溶け落ちた核燃料(デブリ)をめぐり、東芝エネルギーシステムズは28日、2月予定の再調査で使用する装置を報道陣に公開した。デブリを実際に触り、硬さを調べることが目的で、将来のデブリ取り出しに向けた貴重な情報になるという。

 昨年1月の調査では、格納容器側面の作業用の穴から棒を圧力容器の下まで伸ばし、遠隔カメラや放射線量計の付いた先端部をつり下げ、格納容器の底に小石状のデブリが散乱しているのを確認した。今回はその先端部を改良し、デブリが触れるトング状の「フィンガ」という部品を取り付けた。

 フィンガは、長さ約3センチ、広がる幅は約8センチ、つかむ力は700グラム、持ち上げられる重さは2キロ。今回は回収は予定していないという。(石塚広志)