[PR]

(悩みのるつぼ) 相談者

 20代男性です。私は自分の大切な人に対して、他人より強く当たってしまうことがあります。それを直そうとしても、結局は強く当たってしまう自分に失望しています。

 母は数年前から体調を崩し、日を追うごとに悪化しています。食事の際にも食器がうまく持てず、こぼしてしまうことがあります。その際、優しく声をかけて片付けたらよいものを、「なんでこぼすの」と強い口調で注意してしまいます。

 恋人にも強く当たってしまうことがあります。恋人が失敗をした際に、気持ちに寄り添ってフォローすることが必要であるのに、失敗を責めてしまうことがあります。

 特に自分がストレスを抱えていると、攻撃的になってしまいます。自分の弱い部分が顕著になった際に、それを隠すために他人に強く当たってしまうのだと思います。たとえば、仕事で失敗を怒られた時です。あらわになってしまった自分の弱点を覆い隠すため、身近な人の弱点を攻撃し、心理的な負担を軽減しているのではないかと、自分なりに分析しています。

 しかし、そうした傾向が分かっていても、やはり強く当たってしまうことがあります。スポーツでのストレス発散やアンガーマネジメントをしても、完全に解決できません。大切な人を大切にするために、一体どうすればよいでしょうか?

回答者 評論家・岡田斗司夫

 あなたはマジメで自分の失敗や欠点が許せない。見知らぬ人の失敗なら見過ごせるが、母や恋人という大切な人は、自分同様にやはり、失敗を許せなくなっちゃう。

 こういう人のことを世間では「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら