(一日一歩)新チーム、まず人間関係を

有料記事

いわてグルージャ盛岡・菊池利三監督 構成・井上啓太
[PR]

 1月下旬、新チームとして練習を開始しました。気温が低く雪が積もるため、この時期は毎年、体育館での室内練習が中心になります。走り込みなどで負荷をかけ、長いシーズンを乗り切るための体づくりに取り組んでいます。

 気をつけたいのはけがです。昨年は故障者が多く、全体練習から外れる選手が続出しました。原因の一つは慣れない体育館での練習で足に負担がかかったことです。他クラブのように人工芝の室内練習場で行うのが理想ですが、県内には十分な設備がありません。今年新たなポストとして迎え入れたフィジカルコーチとメニューを相談し、選手に足への負担が少ないランニングシューズを履かせるなど、対策を取っています。全員が万全の状態でキャンプ入りできるよう、我々もサポートします。

 全24選手のうち13人は新加入で、一人ひとりの能力が高い。既存の選手は新加入組を意識し、高いモチベーションで練習に臨めています。しかしチームとして目標を達成するためには、競争だけでなく、仲間として組織を形成しなければなりません。

 監督として戦術の浸透はもち…

この記事は有料記事です。残り146文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント