[PR]

 サッカーのアジア杯は28日、アラブ首長国連邦(UAE)のアルアインで準決勝1試合があり、世界ランキング50位の日本はアジア最上位29位のイランに3―0で勝ち、2大会ぶりに決勝に進んだ。2月1日の決勝で2大会ぶり5度目の優勝をかけ、カタール―UAEの勝者と対戦する。

 日本は後半11分、MF南野拓実(ザルツブルク)のクロスをFW大迫勇也(ブレーメン)が頭で決めて先制。後半22分にも大迫がPKで追加点を挙げ、終了間際にはMF原口元気(ハノーバー)がゴールを決めた。

こんなニュースも