[PR]

 千葉市は29日、LGBTなど性的少数者や事実婚のカップルを夫婦と同じような関係のパートナーと公認する「パートナーシップ宣誓制度」を始め、証明書の交付式を市役所で開いた。市によると、性的少数者に限らず、事実婚のカップルまで性別を問わず広く対象とするのは全国初。

 この日、交付式に臨んだのは性的少数者4組、事実婚2組の計6組のカップル。「互いを人生のパートナー」とする宣誓書を提出し、熊谷俊人市長から証明書を受け取った。

 同性愛者で、パートナーの伊藤…

この記事は有料会員記事です。残り415文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り415文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り415文字有料会員になると続きをお読みいただけます。