[PR]

 中国で2015年7月9日以降、人権派の弁護士らが一斉に拘束された「709事件」で、天津市第2中級人民法院(地裁に相当)は28日、国家政権転覆罪に問われた王全璋弁護士(42)を懲役4年6カ月の実刑とし、政治的権利を5年間剝奪(はくだつ)する判決を言い渡した。

 15年以降、709事件に関連して320人以上の弁護士や民主活動家が取り調べを受けた。支援者らによると、王氏は起訴内容を否認していた模様で、当初に拘束された弁護士らの中で1人だけ3年半を超す異例の長期拘束が続いていた。家族や家族が依頼した弁護人とも面会できていない。

 中国でも判決は公開が原則だが、今回は家族にも事前に知らされず、判決の結論部分だけが法院のホームページで発表された。言い渡しを家族や海外メディアに公開すれば、王氏が法廷で自らの主張を展開することを恐れた可能性がある。

 夫の無実と釈放を訴えてきた妻の李文足さん(33)は28日、朝日新聞の取材に「困っている人のための弁護活動がなぜ罪になるのか理解できない。夫を信じて、抗議を続けていく」と話した。

 王氏は、中国共産党が邪教とする気功集団「法輪功」メンバーの弁護や土地を奪われた農民の支援をしてきたことで知られる。検察側は、王氏が09年以降、海外の「反中勢力」から資金や訓練を受け、デモやネット上の言論を通じて政権転覆を狙ったとして、17年2月に起訴した。

■ドイツ首相ら妻…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら