[PR]

 特別養子縁組制度について、法制審議会の部会が対象となる子の年齢を「原則6歳未満」から「原則15歳未満」に引き上げる案をまとめた。福祉関係者は「より多くの子どもが安定した家庭環境を得られる」と歓迎するが、年齢引き上げに伴う親子関係の構築の難しさや、民間あっせん団体の質の確保など、課題も残る。

 東京都内の産院の一室で昨年夏、30代の夫と、40代の妻が待っていた。特別養子縁組をあっせんする一般社団法人「アクロスジャパン」代表の小川多鶴さん(53)が、生まれたばかりの赤ちゃんを抱いて連れてくると、歓声が上がり、妻は涙を浮かべた。小川さんが「一生、自分たちの子ですからね」と語りかけると、夫婦は笑顔で応えた。

 夫婦は不妊治療をしたが子ども…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら