37歳の夕張市長、北海道知事選出馬へ 無所属で

有料記事

伊沢健司、秋野禎木
[PR]

 全国唯一の財政再生団体である北海道夕張市の鈴木直道市長(37)は29日午前、札幌市内で記者団の取材に応じ、「(4月の)北海道知事選に無所属で出馬をする決意を固めた」と表明した。自民党と公明党に推薦を求めるという。

 自民党は、北海道連会長の吉川貴盛農林水産相が鈴木氏擁立の方針を打ち出したものの、党内をまとめられず、決定には至っていない。自民党など各党の対応が焦点となりそうだ。

 鈴木氏は18歳で東京都庁に入り、働きながら大学を卒業した。2年間の夕張市派遣を経て2011年4月から夕張市長となり、現在は2期目。当選時は、全国で最年少の市長だった。

 吉川氏らは、鈴木氏が夕張市…

この記事は有料記事です。残り148文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。