[PR]

 女児らに裸の動画を撮って送らせたなどとして、熊本県警は29日、鳥取県米子市両三柳の陸上自衛官三島翔容疑者(23)を脅迫と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで逮捕し、発表した。

 八代署によると、三島容疑者は昨年9月19日、熊本県内の女子小学生(当時11)に、裸を動画で撮影し送信するよう通話アプリ「LINE(ライン)」で指示し、渋った女児に対し、この直前に送信させていた動画を念頭に「拡散していい?」「周囲の人は顔はわかるんじゃない」などと言って脅迫した疑いがある。神奈川県内の女子小学生(当時10)と埼玉県内の女子中学生(当時13)にも同様に裸の動画を送信させ、スマートフォン内に保存・加工するなどして児童ポルノを製造した疑いがある。調べに対し、「販売目的でやった」などと容疑を認めているという。動画や写真がネット上に流出したり販売されたりした形跡は確認されていない。

 三島容疑者は、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」で女児らが投稿した動画に「LINEスタンプをあげる」などとコメントを書き込み、興味を示すとLINEの連絡先を聞き出して個別に下着姿や裸の写真・動画を送るよう求めていたという。同容疑者のスマホ内には数十人分の自撮り写真や動画が確認されているという。

 陸上自衛隊米子駐屯地によると、三島容疑者は第8普通科連隊所属の3等陸曹。同駐屯地司令の天内一雄1等陸佐は「隊員がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾。判明した事実に基づき、適切に対処し再発防止に努める」とコメントを出した。(吉備彩日)