[PR]

 春のキャンプシーズンが本番を迎える。プロ野球は2年連続日本一の福岡ソフトバンクホークス、リーグ優勝を果たした広島カープや西武ライオンズなど日韓8球団、サッカーはJリーグを中心に17チームが県内各地でキャンプをする。

 プロ野球の広島は巨人から移籍した長野久義選手や、昨夏甲子園を沸かせた報徳学園(兵庫)の小園海斗選手に注目が集まる。巨人には4年ぶりに原辰徳監督が復帰。2年連続でMVPに選ばれた前広島の丸佳浩選手も参加する。

 10年ぶりにリーグ優勝を果たした西武は3日にキャンプ地・宮崎県日南市南郷町の目井津港で海上パレードをする予定。

 サッカーは、天皇杯で準優勝したベガルタ仙台などJ1の4チームが宮崎市で練習する。1月からキャンプインしていた鹿島アントラーズは1日が最終日だ。(高橋健人)