[PR]

 インフルエンザの発症は例年1、2月がピークで今年も増加中。感染予防には部屋の湿度を高めに保つのが有効とされ、加湿器の売れ行きが好調だ。ウイルスの飛散を防ぐマスクもよく売れている。

 ビックカメラなんば店(大阪市中央区)では、加湿器を約40種類そろえる。5千~6千円の商品が売れ筋で、超音波で水分を霧状にして放出する機種が人気だ。インフルエンザが流行しだした昨年末から売れ行きが加速し、一部の商品は品薄になっているという。

 気温が低く乾燥していると、体内でウイルスをはね返す力が弱まり、インフルエンザにかかりやすくなる。予防には湿度を50~60%に保つと効果があるとされ、メーカーも加湿器の販売に力を入れている。

 シャープは1月の売れ行きが前年同月比で30%超増えている。加湿器に、やかんで水をそのまま注げるタイプが人気で、湿度を50%前後に保つことができる。広報担当者は「インフルエンザは今、全国で流行しており、予防に買い求める人が多いようだ」と話す。

 象印マホービンは電気ポット型の加湿器を売り出し、毎年、生産台数を増やしている。今期の販売目標は現時点でほぼ達成し、一部の店では品薄になっているという。

 厚生労働省によると、インフルエンザは外出先で感染するケースが多く、帰宅時にウイルスを素早く洗い流すと予防につながるという。感染した場合はマスクをつけ、ウイルスの飛散を抑えるように促している。

 小林製薬は、1月のマスクの販売額が前年同月比で36%増加。のど用殺菌薬の「のどぬ~るスプレー」は2倍の売れ行きだ。普通の風邪も含めて予防に効果があるとうたう「鼻うがい」用の洗浄液も好調だという。(岩沢志気、中村光)