イラン代表、昨晩なぜ張り手 キャプ翼大好き親日なのに

有料記事

コム=杉崎慎弥
[PR]

 アラブ首長国連邦(UAE)で28日にあったサッカーのアジア杯準決勝で日本が3―0で下したイラン。劣勢な試合展開に焦りを見せた選手らが終盤、日本代表のFW大迫に接触して転倒させ、MF柴崎のほおを払うなどしたことをきっかけに日本代表と小競り合いになった。なぜ、「アジア最強」のイラン代表選手たちは日本相手にこれほどまでに熱くなったのか。

 イランは伝統的に親日国だ。過去には国営テレビで、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」が最高視聴率90%以上を記録し、アニメ「キャプテン翼」が人気を集めるなど、日本びいきのイラン人は多い。

 ただ、サッカーの世界ではイ…

この記事は有料記事です。残り1262文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!