[PR]

 日本の大学生6人が昨年8月、北朝鮮の首都平壌を訪問し、現地の大学生らと交流した。日本人拉致や経済制裁などの問題についても話し合った。9日に東京都内であるイベントで体験を振り返る。

 訪朝は日本、韓国、北朝鮮の子どもの絵をそれぞれの現地で展示する取り組みをしている「南北コリアと日本のともだち展実行委員会」によるプログラムの一環。2012年以降、ほぼ毎年、平壌外国語大学で日本語を学ぶ学生らと交流してきた。

 日本大文理学部に通う宮内大河さん(23)は以前参加した友人の話に興味を持ち、今回の訪朝に加わった。

 「朝鮮総連のことをどう思う?…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら