[PR]

 政府が29日にまとめた2020年東京五輪・パラリンピックに向けた予算額の集計で、現時点で国の実質的な負担額が2880億円に上ることがわかった。大会組織委員会が取りまとめた「大会経費」のうち国負担は1500億円とされてきたが、関連経費としてさらに1380億円が予算計上されていた。関連経費は今後も膨らむことが必至だ。

 桜田義孝五輪相がこの日の会見…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら