[PR]

 江戸時代中期に京都で活躍した画家・伊藤若冲(じゃくちゅう、1716~1800)が繰り返しモチーフとして描いた鶏が、高さ約30センチのフィギュアとして、三次元でよみがえった。海洋堂(大阪府門真市)の造形作家が制作した。

 フィギュアのもとになったのは、動植物を描いた30枚の彩色画「動植綵絵(どうしょくさいえ)」のうち、躍動感ある雄鶏が描かれた「南天雄鶏図(なんてんゆうけいず)」。海洋堂のペイントデザイナー、古田悟郎さん(47)がフィギュア化を担当した。

 古田さんは、和歌山県で見つかった海生爬虫(はちゅう)類「モササウルス」など、博物館に展示する古代生物の造形を手がけてきた。

 今回のフィギュア作りでも、オスの鶏の骨格で頭と胴体の長さの比率などを確認して、頭や胴体の長さを実物の比率に近づけていった。羽根は一枚ずつつくり、目玉やくちばしなど、ポイントを忠実に再現し、「若冲らしさ」をだした。若冲に限らず二次元作品は、重心やサイズを一部無視して描き、躍動感などを表現するという。造形には、2年を費やした。古田さんは「立体の上に、枚数の異なる羽根をパズルを解くような感じでつくった。元の絵には描かれていない後ろ姿なども含めて、手にとって楽しんでほしい」と話す。

 2020年にイタリアで開かれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら