[PR]

 30日午前9時ごろ、神戸市西区玉津町の路上で「前夜に銃の発射音のような音がした」と、匿名の110番通報があった。兵庫県警神戸西署員が駆けつけたところ、駐車中の乗用車の側面に数個の弾痕のような丸い穴がみつかった。

 県警によると、人的被害はなかった。県警は銃刀法違反や器物損壊の容疑で捜査している。捜査関係者によると、車は指定暴力団・任俠(にんきょう)山口組の関係者が使用していたものだという。

 現場は、JR明石駅の北1キロあまりの住宅街。近くには幼稚園などもある。

 2015年以降の山口組分裂騒動で、対立する組織どうしの抗争とみられる事件が続いており、17年には神戸市長田区で「任俠」代表の車が襲撃され、1人が死亡している。