[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警は4日、共犯として、母親の栗原なぎさ容疑者(31)を傷害容疑で逮捕し、発表した。捜査関係者によると、勇一郎容疑者による暴行を長時間、黙認したことを重くみたという。なぎさ容疑者が勇一郎容疑者から暴力を受けていたとの情報もあり、県警は当時の状況を慎重に調べている。

 勇一郎容疑者は1月24日午前10時ごろ~午後11時20分ごろ、自宅で心愛さんの髪の毛を引っ張り、冷水のシャワーをかけ、首付近を両手でわしづかみにするなどして首付近に擦過傷を負わせたとして、25日に傷害容疑で逮捕された。捜査関係者によると、なぎさ容疑者は勇一郎容疑者が心愛さんを暴行するのを近くで見聞きしていたが、止めに入ったり警察に通報したりせずに放置した疑いがあるという。

 心愛さんの遺体は24日午後11時過ぎ、勇一郎容疑者が「娘の意識と呼吸がない」と110番通報した直後、浴室で救急隊員が見つけた。当時、なぎさ容疑者と次女(1)も自宅にいたという。心愛さんは普段着姿で水にぬれており、一部死後硬直が始まっていた。

 捜査関係者によると、勇一郎容疑者は「午前10時ごろから怒ったりたたいたりした。立たせて、スクワットもさせた。風呂場に連れて行ったらもみ合いになった。水をかけたら体調が急変したので、すぐに通報した」などと説明。また「しつけで、悪いとは思っていない」などと供述しているという。県警は心愛さんが暴行を受けた後、しばらくの間、両親から放置されたとみて捜査している。