[PR]

 昨年7月、同居する父を脇差しで切りつけて死なせたとして傷害致死の罪に問われた宮崎県川南町川南の飲食店経営、田中雅浩被告(34)の裁判員裁判が1日、宮崎地裁であり、岡崎忠之裁判長は求刑通り懲役7年を言い渡した。法廷では、被告や家族の証言、検察側の陳述などから、父を殺害するまでの状況が明らかになった。

 「兄はきょうだいの中で一番父と仲がよかった」

 証人尋問で20代の三男が話し…

この記事は有料会員記事です。残り968文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り968文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り968文字有料会員になると続きをお読みいただけます。