[PR]

 大阪府堺市は30日、LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーと公的に認める制度を4月から始める、と発表した。同様の制度は大阪市や札幌市、兵庫県宝塚市など11自治体で導入されている。

 堺市は制度開始に合わせ、市営住宅へのカップルの入居や、市立総合医療センターで手術をする際の同意をパートナーでもできるようにする。市職員の場合は結婚、介護、忌引などで配偶者と同等の休暇を取得することも認める。

 対象は成人で、いずれかが堺市内在住か転入予定の人。2人で宣誓すれば、市が宣誓書受領証を発行する。戸籍上の「同性」であるかどうかは問わず、受領証に記す名前は通名にすることもできる。

 竹山修身市長は記者会見で「制度の導入で、ありのままに自分らしく暮らせるまちづくりを進めたい」と述べた。(加戸靖史)