[PR]

 生後1カ月の長男に暴行を加え、半年後に死亡させたとして今月10日、傷害致死容疑で神奈川県警に逮捕された同県厚木市の配送業の男(26)について、横浜地検小田原支部は30日、「現在の証拠では暴行と死亡との因果関係の立証が困難」として、傷害罪で起訴し、発表した。同支部は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、男は2016年12月17日ごろ、厚木市の自宅で、長男の体を両手で持って激しく揺さぶるなどの暴行を加え、重度の脳機能障害を伴う硬膜下血腫などを負わせたとされる。

 長男が死亡したのは17年6月13日。暴行から半年たっており、因果関係の立証が困難だったという。

 逮捕の発表時点で県警は、男の妻が事件当時、未成年で、妻に対する事情聴取が続いていたことから男と長男を匿名としていた。同支部も「関係者のプライバシーに関わる」として匿名で発表した。(飯塚直人)