[PR]

 奈良の都・平城京(710~784)の南端で、奈良時代末~平安時代初め(8世紀末~9世紀初め)に、四方を道路に囲まれた約120メートル四方の1区画を32分割した小規模な宅地跡がみつかった。奈良市埋蔵文化財調査センターが、1月31日発表した。専門家は人口増加に対応するため1区画をそれまでの16分割から32分割に再開発した可能性が高いとみており、古代日本の都市計画の変遷をたどる上で重要な発見として注目している。

 平城京は、碁盤の目状に走る道路で区画され、皇居や現代の霞が関にあたる官公庁街である平城宮から南へ走る朱雀大路を境に、東の左京、西の右京に分けられていた。これまで平城京の宅地割りは1区画を16分割したものが多くみつかっており、さらに小さな32分割は794年に遷都した京都の平安京で始まったと考えられてきた。

 センターは昨年7月から、平城…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら