[PR]

 30日午後2時24分ごろ、茨城県東海村の日本原子力研究開発機構・核燃料サイクル工学研究所内で、放射性物質の漏れを検知する警報が鳴った。機構は基準を超える放射性物質を検出した。男性作業員9人が業務にあたっていたが体への汚染は確認されず、被曝(ひばく)していないという。また、放射性物質が研究所の外に流出した形跡も確認されていないとしている。

 機構では一昨年6月、大洗研究開発センター(同県大洗町)で放射性物質が入ったビニール袋が破裂し、作業員5人が内部被曝する事故があった。作業手順や態勢が問われそうだ。

 30日夜、記者会見した茨城県と日本原子力研究開発機構によると、基準を超える放射性物質が漏洩(ろうえい)した疑いがあるのは、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料の製造に伴う残存物質の整理などを手掛ける「プルトニウム燃料第二開発室」。9人の作業員が、密封された作業用の容器からMOX粉末を貯蔵する容器を取り出す作業をしていたところ、午後2時24分ごろ、室内モニターの警報が鳴り、3分後に別の警報が鳴ったという。空気中1立方センチあたりから0・91マイクロベクレルが検出された。警報は0・07マイクロベクレルを超えると鳴る設定だった。機構は「原因は分からない」としている。

 作業員9人は19歳から50代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら