【動画】STU48森香穂さん、谷口茉妃菜さんが備前焼の器づくりに挑戦=佐藤岳史、井手さゆり撮影
[PR]

 瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」と各地の魅力を紹介していく「瀬戸リスト」。谷口茉妃菜(まひな)さん(19)=徳島県出身=と森香穂さん(21)=三重県出身=の2人が岡山県備前市を訪れ、炎が作り上げる美術品「備前焼」に挑戦した。

 土ひねりを体験したのは同市内の窯元・桃蹊堂(とうけいどう)。18代目当主の木村桃山さん(48)が迎えてくれた。

 何を作るかを考える2人。迷った末、谷口さんはコップ、森さんは茶わんに決めた。

 決まったところで、窯を見学する。「ゆっくり1200度ぐらいまで温度を上げてじっくり焼きます。窯たきを始めると、暖房のようになります」という木村さんの話を聞いて、窯をのぞき込む2人。凍えるような寒さの中、谷口さんは「ここから動かんと思う」。森さんも「そだね」と同意。

 木村さんの指導で、丸い粘土の塊をそれぞれの形に仕上げていく。塊の中央に親指で穴を開けて広げる。「あー、爪。伸ばしてるわけじゃないけど、土が入る」と絶叫する森さん。谷口さんは「爪に土を入れてなんぼや!」と意気込む。

 土をひねり始めて30分余り。谷口さんはコップの内側に桜型に抜いた粘土を貼った。「母にプレゼントします。これでおいしい物を飲んでほしいと思います」と話す。

 茶わんの外側に大小のハート形を貼り付けた森さん。小さいハートには「K」の文字が刻まれている。「小さい方は香穂のK。大きい方はファンの皆さんへの日頃の感謝を込めて、どーんと載せました」とにっこり。

 窯の火入れは3月末。焼き上がるには約3週間かかるので、2人が作品と対面するのは4月中旬になりそう。

 「炎のアート」作りを体験した2人は、木村さんの子どもたちとおしゃべり。桃蹊堂の皆さんと一緒に記念撮影し、店への色紙にサインをした。木村さんたちは、2人が乗った車を、見えなくなるまで見送ってくれた。(菅野みゆき)

関連ニュース