[PR]

 トランプ米大統領は31日、訪米中の劉鶴(リウホー)・中国副首相と会見し、中国の習近平(シーチンピン)国家主席と会談する意向を示した上で、3月1日を交渉期限とする米中通商協議の「ディール(合意)」に向けて強い意欲を示した。劉氏は、米農産品の輸入拡大方針などを示した習氏の親書を携え、「合意を望む」と要請。妥結に向けた機運が両国間で急速に高まっている。

 習氏は親書で「米中両国は決定的に重要な時期を迎えている。早い合意に至るために互いに歩み寄り、協議を加速させたい」と訴え、中国側が米国産大豆の輸入を大幅に増やすことなどを強調。米農家の支持を重視するトランプ氏は繰り返し謝意を伝え、首脳会談について「1回か2回はある」と積極的な姿勢を示した。

 トランプ氏は劉氏との会見前、記者団に「(中国との)最後のディールはある。決められるとしたら、私と習主席との間だけだ」と強調。交渉期限を「延期」する可能性までほのめかした。ただ、その後米ホワイトハウスは声明で「動かせない期限」と強調した。

 米側で交渉を担うライトハイザー通商代表は、劉氏らとの2日間の閣僚級協議で「構造問題に注力した」と報告。声明では、外国企業への技術移転の強要や国有企業への巨額の補助金、中国の通貨政策など7項目を中心に議論したと発表した。

 中国は米国との通商紛争が株価…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら