[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が逮捕された事件で、心愛さんが小3の夏まで住んでいた沖縄県でも虐待されていた疑いのあることが朝日新聞の取材でわかった。同級生たちが、体のあざをたびたび目撃したり、家から泣き声がするのを聞いたりしていた。

 心愛さんは2017年8月まで、母親(31)の実家がある沖縄県糸満市に住んでいた。

 幼稚園から同級生だった女児(10)は小1の時、心愛さんから「お母さんがいないとずっとパーで殴られる。痛くていつも泣いている」「お父さんは裏表がある」と打ち明けられたという。

 心愛さんは学校では明るく過ごしていたが、背中やすねにあざ、手や腕にひっかき傷があるのを、体育の着替えなどの際、他の同級生も目撃していた。

 女児には2年の時に、あざについて「お父さんにやられた」と明かしたが、一方で「お父さんは優しいよ。自分が言うことを聞かなかったのが悪い」と告げたという。

 この女児の祖母は、心愛さん一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら