[PR]

 兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)市長(55)が、国道工事に伴う建物の立ち退き交渉をめぐり、職員に「(建物に)火つけてこい」などと暴言を浴びせた問題で、泉氏は1日、「一連の責任はすべて私にある。いかなる動機であっても発言は決して許されない」と述べ、辞任する考えを明らかにした。2日付の辞職願を市議会議長に出したという。午後に記者会見する。

 泉氏は暴言発覚後の1月29日の会見では辞任を否定。今年4月の市長選について「市民にご判断いただく」と述べ、3選をめざして立候補する考えを示していた。次の選挙への対応については明らかにしておらず、会見で説明するとみられる。

 暴言があったのは2017年6月14日。JR明石駅前の国道2号の幅を広げる事業に関し、担当職員と市長室で話し合った際、立ち退き交渉が進んでいないことに泉氏が激高した。

 朝日新聞など報道各社が入手した録音データでは、「立ち退きさせてこい、お前らで。今日、火つけてこい。今日、火つけて捕まってこい、お前。もう行ってこい、燃やしてこい、今から建物。損害賠償、個人で負え。当たり前じゃ」などと記録されていた。泉氏は会見で「間違いなく、自分の発言」と認め、「市のトップでありながら、弁解の余地はない。パワハラであるだけでなく、さらにひどいこと」と謝罪し、自身の処分を検討するとしていた。

 泉氏は弁護士、旧民主党の衆院議員などを経て、11年の市長選で初当選し、現在2期目。就任後、所得制限なしで中学生以下の医療費や第2子以降の保育料を無料化するなど、子育て支援策を次々に打ち出し、注目を集めていた。