[PR]

 日本列島の広域に雪をもたらした低気圧の影響で、富士山は1日朝、やっと冬らしく雪化粧した姿を見せた。

 今冬の富士山は1月末まで、とくに南や西の斜面で一度は積もった雪が消え、黒っぽい地肌が目立っていた。静岡地方気象台によると、一帯の降水量が少なかったことも一因とみられ、静岡県富士市では昨年1月の降水量が172ミリだったのが、今年は30日までわずか0・5ミリにとどまった。

 富士山西麓(せいろく)の富士宮市にある複合飲食施設「あさぎりフードパーク」の広場にも7センチの雪が積もった。気温が低く、溶けずに残っており、「週末は子どもたちの雪遊びにどうぞ」。