[PR]

 九州大学の伊都キャンパス(福岡市西区)で31日、伊都診療所の開所式があった。まわりに医療機関が少ないため、大学が設置した。学生や教職員だけでなく、住民も受診できる。1日から診療を始める。

 診療所はセンター6号館の1階にできた。約144平方メートルに診察室が二つあり、内科は週5日、精神科は週2日、診療する。X線や心電図、エコーの検査もできる。

 伊都キャンパスには現在、学生や教職員約2万人が通う。診療所の平林直樹所長(38)は「急な発熱や嘔吐(おうと)下痢などの病気の時だけでなく、生活習慣病の予防でも気軽に来てほしい。留学生の心身の健康維持にも役立ちたい」と話した。

 内科は予約不要で、平日午前10時~午後1時と午後2~5時。精神科は予約制で、月・金曜の午後2~5時。土日祝日と年末年始は休診する。紹介状は不要。

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(渡辺純子)