[PR]

 技能実習生として来日し、何も知らされないまま原発事故の除染作業に従事させられたベトナム人男性を、昨年春から秋にかけて取材した。実習生の満期となって帰国した彼がどうしているか気になり、今年1月、ハノイ郊外にある彼の実家を訪ねた。

 気温は13度。小雨模様の肌寒い午後だった。実家にエアコンはなく、グエン・ドク・カインさん(25)と両親の3人は、コートや厚手のセーター姿で私を迎えてくれた。

 豚の飼育やキノコ栽培をしている両親との3人暮らし。カインさんは定職には就いていなかった。近いうちにまた日本で働きたいからだという。

 昔の上司が再会を待ちわびてくれている。「ひどい目にもあったが優しい人もいた。いい国だと思う」

 昨年3月、私が初めてカインさんに会ったとき、彼は日本に来たことを激しく後悔していた。

「仕事は簡単。だれでもできる」

 カインさんが初めて日本に来たのは、2015年9月。高校を卒業してまもなく、「稼げると思ったし、日本に関心があった」と、技能実習生に手を挙げた。

 盛岡市の建設会社で働きながら「建設機械・土木」の技術を学ぶという触れ込みだった。実習生の受け入れ窓口である監理団体の代表からは「仕事は簡単。だれでもできる」と説明されていた。

 カインさんがまず連れて行かれたのは、福島県郡山市。そこで5カ月間、住宅地の土壌をはぎ取ったり、側溝を洗ったりした。まさか、福島第一原発事故の後始末である除染作業を自分がやらされているとは夢にも思わずに。

 その後、岩手県釜石市で住宅解体の作業をし、16年9月に再び福島県に入った。避難指示区域だった同県川俣町で、国直轄の建物解体工事に従事した。

 スコップで落ち葉などを集めながら、心が騒いだ。住民の姿が見えない町。マスクをつけないと近づけない仕事場――。

 「特別手当」を渡されたとき、カインさんはさすがに怖くなって現場の監督者に聞いた。

 「親方、これは何ですか?」

 「危険手…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら