[PR]

 韓国の格安航空会社(LCC)のエアソウルは3月31日から6月30日まで、長崎―ソウル線の全便を運休する。運航再開の時期は未定。5月ごろに決まる見通し。

 県国際観光振興室によると、運休は、同社が保有するエアバスA321型機7機のうち4機が韓国の法定整備に入るためだという。同路線は火、金、日曜の週3往復。昨年の平均搭乗率は65・5%だった。