[PR]

 名古屋市営住宅で昨年5月、世話が行き届かない状態で40匹以上の猫が飼育されていた問題が発覚した後、名古屋市動物愛護センター(同市千種区)には、飼いきれない猫を手放す人が相次いでいる。今年度の猫の殺処分が、前年度の2倍超の161匹に急増。センターは、収容施設を増設するなどして対応に追われる事態になっている。

 センターによると、今年度に麻酔薬などで殺処分した猫は161匹(昨年12月末時点)で、2017年度の76匹から急増した。収容中に死んだ猫を含めた殺処分数は、1988年度の1万1193匹をピークに減少傾向だったが、今年度は4年ぶりに増加に転じた。

 昨年6月、名古屋市北区の市営住宅で、40匹以上の猫を劣悪な環境で飼育したとして、住人の姉妹が強制的に退去させられた。その後、愛知県警が姉妹を動物愛護法違反(虐待)容疑で書類送検する事件があった。それ以降、センターには「市営住宅の事件のように摘発されないか」などと、複数の猫を飼う人からの相談が増えている。

 例年、飼い主からセンターに10匹以上の飼い猫が持ち込まれるのは2~3件だったが、事件発覚後は少なくとも6件にのぼっている。昨年末にセンターに持ち込んだ一人暮らしの高齢男性は「避妊手術をせず、猫が増えすぎて世話をしきれなくなった」と、20匹以上の猫を手放したという。

 飼いきれないなどの理由でセン…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら