チームの特徴生かす、通称「劇団」 井上雄彦さん対談

有料会員記事

構成・清水寿之
【動画】漫画家・井上雄彦さんとレバンガ北海道の松島良豪選手が対談=瀬戸口翼撮影
[PR]

 漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(52)とバスケット選手の対談企画の第3シーズン5回目は、エンターテイナーとバスケ選手の「二刀流」に挑むレバンガ北海道の松島良豪(よしたけ)選手(27)です。

 井上 本拠での試合前に、ダンスなどのパフォーマンスを披露していると聞きました。ファンの間では「劇団松島」と呼ばれているとか。

 松島 始めたきっかけは偶然でした。ある日の試合前、練習しようとコートへ入場したら、チームメートが誰もついてこなくて、僕1人だけになった。そこで「なんや、みんな来んのかい!」と、大きなリアクションをとったのが最初です。選手兼社長の折茂(武彦)に「次は何をやるの?」とあおられて、企画を考えるようになりました。だんだん本格的になって、いまでは、音声さんや照明さんのために脚本を書いています。バスケの練習の合間に、チームのチアリーダーのスタジオにお邪魔してダンスの指導も受け、リハーサルもやります。

 井上 昨季は本拠での30試合すべてで、異なるパフォーマンスを繰り広げたそうですね。

 松島 ファンの人が飽きるの…

この記事は有料会員記事です。残り3033文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら