[PR]

 2020年で活動を休止すると発表した人気アイドルグループ「嵐」の会見が大きな反響を呼んだ。集まった報道陣は100人以上。生中継を禁止し、会場内の記者に外部との通信を制限するなど異例の要請もあった。どんなねらいだったのか。

 都内の会見場に集まったのは、朝日新聞を含む一般紙やスポーツ紙の記者、テレビ局のリポーター、カメラマンなど。主に、嵐が所属するジャニーズ事務所から事前に案内状が届いたメディアが中心だ。

 現場では、会見が終わるまで内容を報じるのは禁止(テレビの生中継も不可)▽会見場で会見中に、記者らが外部と通信するのは禁止――などと要請があった。同じ事務所のグループ「TOKIO」のメンバー1人が不祥事を起こし、昨年5月に残りの4人が謝罪会見を開いた際には、なかった制約だ。

 約1時間20分に及んだ嵐の会見で、メンバーに質問をしたのは約20人。情報番組の芸能リポーターや、民放キー局のアナウンサー、スポーツ紙の記者らが中心だった。朝日新聞記者もリーダーの大野智さんに、活動休止を決めるまでの気持ちの変化などを聞いた。

 会見に招くメディアを限定しようとしたり、報道してよい時間帯を指定したりする狙いはなにか。

 ジャニーズ事務所は詳細を明ら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら