[PR]

(悩みのるつぼ)相談者

 70代の女性です。7年前に親友を亡くし、そのご主人のことで悩んでいます。亡くなった親友宅に、別の友人とともに訪ね、仏壇に手を合わせるなどしているうち、ご主人と親しくなりました。女2人男1人の3人で、彼女の生前の話などで盛り上がり、近所に友人がいないご主人は「嫁が残してくれた宝物」と言って、私たちを友人だと思うようになりました。

 互いに同性のように接し、3人で旅行にも出ました。ただ、いくら他界した親友のご主人とはいえ、そんな関係に違和感を覚え、私は2人からの誘いを断るようになりました。

 その2人には資産が十分にあり、年金暮らしの私と夫とは金銭感覚も違います。食事の誘いを断るうち、2人からは引きこもり呼ばわりされ、「そんな人生ではダメだ。もっと出歩かないと」と言われました。私は何度も「放っておいて」と言いましたが、聞いてくれません。

 1年ほど前から、彼が私の家の真向かいにあるジムに通い始め、「古くなった家の外観を修理しないのか」「車がずっと止まったままだけど、家で何をしてるんだ」などと口出しするようになりました。彼がジムにいる間は外に出られず、チャイムが鳴れば居留守を使い、嫌悪感で心臓がバクバクします。まるで監視されているようです。

 夫は相談にのってくれません。どうすればいいでしょう。

回答者 歌手・俳優、美輪明宏

 今回の相談者の親友のご主人については、妻に先立たれて寂しい、という面もあるのかもしれません。しかし、これは確かに相当困った人だと思います。

 相談者の方は「放っておいて」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら