【動画】虐待防止のNPO法人を立ち上げたアイドルの戦慄かなのさんに思いを聞いた=恵原弘太郎撮影
[PR]

皆さんの身近な困りごとや疑問をSNSで募集中。「#N4U」取材班が深掘りします。

 虐待された当事者の多様な生き方や、虐待をしてしまった親、子育てに悩む親たちを取材して問題の背景を探っている朝日新聞の「#ニュース4U」取材班。大学生でアイドルの戦慄(せんりつ)かなのさん(20)に、自身の経験や、問題解決のためにNPOを立ち上げた理由を聞いた。

N4U班が深掘り取材、お友達登録はこちら
#ニュース4Uは身近な疑問や困りごとをSNSで募り、深掘り取材する企画です。ご意見をお寄せください。公式LINE@アカウント(@asahi_shimbun)で取材班とやりとりできます。

夏休み、1週間帰らなかった母

 戦慄さんは、虐待を受けて非行に走り、少年院に入った。助けを求めても届かず、生きる意味を見失ったこともあったが、信頼できる大人に出会って前を向けるようになった。そんな自分だからこそ同じような境遇の子に寄り添えるのではないかと、虐待を受けた子どもが相談できる場所や生きやすくなる仕組みづくりを目指し、NPOを設立した。

 戦慄さんが小学校に進んだときに両親が離婚。母と妹と3人で暮らし始め、激しい虐待を受けるようになった。意に沿わないことがあると木の棒でお尻をたたかれ、ミミズ腫れが絶えなかった。入浴や歯磨きなどの生活習慣を教えてもらえず、ネグレクトの状態になった。小3の夏休み、母が1週間帰ってこなかった時のことが忘れられない。

 「テーブルに5千円を置いて旅行に行ってしまった。1週間も帰らないとは思わなかったから、初日にお菓子を買って半分くらい使ってしまって。最後の方は水道水を飲むだけ。誰かに助けを求めることもできず、家から出るのが怖くて、ひたすら待っていた。でも怒りはなくて、『お母さんが死んでいたらどうしよう』って心配でした」

「学校で相談窓口の紙が配られたことがあったけど、怖くて電話できなかった」。幼い頃に母から虐待を受けた戦慄かなのさん。昨年、問題解決へNPOを立ち上げたきっかけは何だったのでしょうか。

「殴る蹴るひどい」教員に打ち明けたが

 小4で激しい動悸(どうき)や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら