拡大する写真・図版 アダモビッチ氏を刺した後、両手をあげて舞台を歩き回る容疑者の男=ロイター

[PR]

 ポーランド北部のグダニスクで1月、市長が若い男に刺殺された。男は犯行時、愛国主義的な右翼政権と対峙(たいじ)する野党への批判を口にした。犯行に駆り立てたものは何だったのか。(グダニスク=高野弦)

 1月13日。市中心部の広場に設けられたチャリティー会場の舞台でスピーチを終えたパベウ・アダモビッチ市長(53)に、刃渡り15センチの軍用ナイフを持った男(27)が駆け寄り、胸を1カ所、腹を2カ所刺した。

 あぜんとする観衆を前に男は両手を高々と挙げ、舞台上を歩きながら叫んだ。「おれは無実なのに刑務所に入れられた。市民プラットホーム(PO)に拷問されたんだ。だからアダモビッチは死んだのだ」

 POは、1989年のポーランド民主化を主導した自主管理労組「連帯」の流れをくむ政党で、親欧州連合(EU)の開放的な政策を掲げる。最近まで党員だったアダモビッチ氏は98年の市長就任以来、リベラルな政策を推進。移民や難民の受け入れに積極的で、同性愛者のパレードにも参加。ユダヤ教会堂が襲撃された際はいち早く抗議声明を出し、宗教の違いを超えて祈りを捧げる合同の「祈りの日」を設けた。

 「彼は社会的な不平等を何より…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら